LSD

フルマラソン完走のコツ ペースメーカー活用のおすすめ

本日は、フルマラソンを完走するコツの1つである、レース中の立ち振る舞いについて。

フルマラソンは長丁場の闘いです。ゴールまで、1歩1歩ひたすら続く孤独な闘い。

その闘いを乗り越えるためのコツ

スタイルの良い女性をペースメーカーにしなさい!!

なぜなら、スタイルの良い女性を眺めながら走ることで、モチベーションが…

というのは、冗談で、しっかりとまじめな理由があります。
正直言うと、2割くらいは本気です…

・なぜ、ペースメーカーが必要なのか?
・ペースメーカーに女性を選ぶ理由は?

ペースメーカーの必要性

フルマラソンを完走するうえで、重要なことは、走るペースを極力一定に保つこと。

マラソン慣れしている人であれば、走る際のペース感覚が身についていますが、初心者はそうではありません。

ペースを一定に保つために、チラチラ時計やスマホを見ていては、それだけで疲れてしまいます。

また、時計を見てペースを調整し始めると、走るスピードを細かく上げ下げすることにつながります。

スピードの上げ下げは、思った以上に体に負担がかかるもの。

そこで、ペースメーカーを活用することで、ペース配分はペースメーカーにお任せしてしまいます。

自分は走ることに集中!!

また、ペースメーカーを見つけるメリットは、ペース管理だけではありません。

1人で走るよりも、皆で走る方が気持ちが楽です。

マラソン中にペースメーカーを見つけたら、勝手にその人を仲間やライバルだと思って心の拠り所にするのです。

レース中限定で徹底的にストーカーをして、疲れた時のモチベーションアップにつなげましょう。

ペースメーカーは女性がおすすめの理由

ペースメーカーの必要性はわかりました。

じゃあ、どんなランナーをペースメーカーにすれば良いのか?

冒頭でも書いたとおり、

スタイルが良い女性

です!

ペースメーカーに適したランナーの特徴

まず、ペースメーカーに適したランナーの特徴を考えてみましょう。

ペースメーカーに求めることは、ペースを一定に保つことです。

ペースが一定と言うことは、言い換えると、

・歩幅が一定
・走るリズムが一定

ということです。

この2つを満たすランナーは、

スタイルが良い女性

です!

まず、スタイルの良さですが、
スタイルの良さ=走り慣れている
です。

スタイルの良さはモデル的なスタイルではなく、アスリート的な意味。

ただすらっとしているのではなく、しっかりと脚が鍛えられている人のことです。

女性に限定しているのは、一般的に女性は男性より歩幅が小さいため、走るリズムが小刻みになります。

マラソンでは、小さい歩幅・小刻みなリズムで走るピッチ走法が、体力面からは、効果的といわれています。

女性をペースメーカーにすることで、小さい歩幅・小刻みなリズム、を自分も真似することができます。

こういう真面目な理由から、ペースメーカーは、
スタイルが良い女性
をおすすめしています。

上級者っぽい男性の後ろではダメ?

じゃあ、男性でも上級者っぽかったらペースメーカーにして良くない?

と思いませんか?

もちろん悪くはないのですが、男性の上級ランナーは、歩幅が広い走り方をしている人が多いです。

特に若い男性は、筋力があるので、歩幅が広い傾向にあります。

ペース配分がうまくても、歩幅が広い人のリズムで走ってしまうと、自分も筋力を消費してしまうので、あまりおすすめできません。

なので、男性でも歩幅が狭い人であれば、ペースメーカーにしても問題ないということ。

まとめ

ペースメーカーに向いているランナー
一定のペースで走れる力がある
歩幅か小さく、リズミカルに走れる人

レース本番では、ペースメーカー捜しも面白いものです。

単調になりがちなフルマラソンなので、色々な楽しみを用意してみましょう!