MONTH

2018年12月

  • 2018年12月30日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「悪魔を出し抜け!」悪魔の口から語られる成功しない人の傾向がわかる1冊 書評・感想009

ビジネス本の9冊目は、ナポレオン・ヒル著の「悪魔を出し抜け! (文庫)」です。 以前記事にした私のバイブル本である「思考は現実化する」を書いたナポレオン・ヒルの著書(生前ナポレオン・ヒルが記すものの内容に対する反響を危惧し、これまで出版されてこなかった)です。 ナポレオン・ヒルの目標達成メソッドを理 […]

  • 2018年12月26日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「ブレイン・プログラミング」引き寄せの法則を科学的に説明した本 書評・感想008

多読メモ8冊目は、アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ著の「自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング」です。 以前記事にした私のバイブル本である「思考は現実化する」に並ぶバイブル本です。 内容についても、思考は現実化すると重なるところがあり、目標達成に関する自己啓発本の中では、甲乙つけがたい名 […]

  • 2018年12月25日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「時給思考」書評・感想007

多読メモ7冊目は、金川顕教著の「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」です。 2017年に発売された比較的新しい本で、最近読み漁っている時間管理に関する本です。 多読を開始して思いますが、以前メモを書いたレバレッジリーディングに記載のとおり、同じカテゴリーの本をまとめて読むことの効 […]

  • 2018年12月24日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「 思考は現実化する」自己啓発本の金字塔!成長意欲がある人は必読 書評・感想006

多読メモ6冊目は、ナポレオン・ヒル著の「思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき」です。 私にとってバイブル的一冊。多読メモを書き始めてから、必ず書かないといけないと思っていた一冊です。 概要 超有名な自己啓発本の名著。非常に乱暴に言ってしまうと、「具体的に目標を立て、それが実現できると強 […]

  • 2018年12月18日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「1440分の使い方」時間管理に悩んでいる人におすすめの1冊 書評・感想005

多読メモ5冊目は、ケビン・クルーズ著の「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ)」です。 最近まとめ読みをしている時間管理・タスク管理に関する書籍の1つで、カテゴリー内では4冊目。 概要 時間管理に関する書籍で、タイトルの「1440分」は24時間を分で表すこと […]

  • 2018年12月17日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「すぐやる人」のノート術 仕事に役立つノートの使い方がわかる1冊 書評・感想004

多読メモ3冊目は、塚本亮著の「「すぐやる人」のノート術 (アスカビジネス)」です。 最近まとめ読みをしている時間管理・タスク管理に関する書籍の1つで、カテゴリー内では3冊目。 概要 内容はタイトルの通りです。 「すぐやる人」がどのようにノートを活用しているのかのノウハウ本です。 具体的に5種類のノー […]

  • 2018年12月4日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「なぜあなたの仕事は終わらないのか」スタートダッシュ思考の大切さがわかる1冊 書評・感想002

多読メモ2冊目は、中島聡著の「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」です。 時間完了とかタスク管理について、最近は悩みがあり、そのカテゴリに関連する本をいくつか読んでいるうちの1冊。 1冊目で紹介したレバレッジリーディング記載の通り、カテゴリで読む本を選んでいます。 概要 […]

  • 2018年12月4日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術」書評・感想003

多読メモ3冊目は、箱田忠昭著の「いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術」です。 最近まとめ読みをしている時間管理・タスク管理に関する書籍の1つで、多読メモでは2冊目。 概要 著者は元外資系企業で働いたサラリーマンでわずか38歳で社長になった方です。その後独立をして、講演や研修を […]

  • 2018年12月3日
  • 2019年3月2日
  • 0件

「レバレッジリーディング」読書に悩む人に勧めたい1冊 書評・感想001

多読メモということで、主にビジネス書中心に本から学んだことをまとめていきたいと思います。 あくまで学んだことを自分の言葉でまとめているので、本の記載っぷりと違うとか、いやいやそんな内容は書いてないよとか、はご容赦ください。 あくまで、私の理解をまとめたもの。 前置きはこれくらいにして、記念すべき1冊 […]