紙の書籍と電子書籍の使い分け

タイトルのとおりですが、今回は書籍について、「紙」と「電子」を比較してみたいと思います。

最近は電子書籍がかなり普及しており、周りを見渡しても、電子書籍派が増えてきた感じがします。

僕自身は、「紙」派なのですが、とはいえ電子書籍も便利なので2つを併用しています。

ということで、「紙」と「電子」をどのように使い分けているのか、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

紙書籍のメリット・デメリット

メリット

・内容の理解が進みやすい
実感としても紙の書籍の方が頭に残りやすいとかんじていますが、それを示す根拠もあります。(あったはず何かで読んだ記憶が・・・)

紙の書籍は、目で文章を読むだけでなく、紙を触るという行為が伴い、本の重さや厚みを感じながら読むため、今読んでいるのが全体の中でどのあたりの内容(序盤なのか、終盤なのか)かを把握できることが、内容理解に寄与しているようです。

・書き込みができる
・読み返す際に該当箇所を探しやすい
これらも上に書いた、内容理解が進むことの一因でしょう

・コレクション魂が満足される
本棚に本がずらっと並んでる姿は何とも言えず壮観です。

デメリット

・かさばる
保管場所の確保や、持ち運びに不便ですね。これが一般的に言われる最大のデメリットでしょう。
恐らく、このかさばる感とメリットに書いた「内容理解が進む」の天秤で多くの人が悩むのだと思います。

・「何読んでるの?」と茶化される
会社で昼休みに本を読んでいると、けっこうな確率で「何読んでるの?」の話しかけられます。
聞かれるだけなら良いのですが、そこから、「僕もその作者の本を読んで…」みたいに話が膨らんでいくと、もう面倒くさい。

貴重な読書の時間を返して!と言いたくなります。

他の人は知りませんが、僕にとってはかなりの大きなデメリット

電子書籍のメリット・デメリット

メリット

・かさばらない
これが最大のメリットですよね。スマホやタブレットがあれば、大量の本を持ち歩けます。
保管場所にも困りません。

・そのときの気分で読む本をチョイスできる
かさばらず、たくさん持ち歩けるということは、移動中好きな本を読めるということ。
そのときの気分で読む本を選べるのは電子書籍のメリットです。紙書籍でそれをやろうとしても大量の本は持ち歩けませんからね…

・会社で読んでいても茶化されない
紙書籍のデメリットで書いた茶化される問題。
紙で本を読んでると話しかけられやすいですが、スマホやタブレットとにらめっこしていると不思議と声をかけられません(特にスマホ)。

本を読んでることに周りは気づきにくいため、話しかけにくいのでしょうか。

これは僕にとっては画期的な気づきでしたw

デメリット

紙のメリットの裏返しですが、
・内容理解が紙に比べて進まない
・書き込みができない

あたりがデメリットでしょう。

「紙」と「電子」の使い分け

ざっくりと言うと、
内容理解に向いているため、じっくりと精読したい場合は紙
出先でさくっと読みたい場合は、電子
という使い分けをしています。

それ以外では、自分が好きな著者の本はコレクションしたいので、紙の書籍を買うようにしています。

がっつりとした暗記を求める場合は絶対に紙を勧めますが、それ以外は趣味の領域です。

どちらが良いか?というよりは、どちらが好きか?という視点で使い分ければ良いと思います。

(番外編)会社のペーパレス化を考える

ここ数年、スマホやタブレットの爆発的な普及により、多くの企業でもタブレット導入によるペーパレス化が進んでいます。

会議で紙を配るのを禁止する職場も多いでしょうし、その流れで完全ペーパレス化を図っている職場も多いでしょう。

ペーパレス化が進むのは良いことだと思いますが、完全ペーパレス化はちょっと待て、と言いたいです。

先に述べたように、紙の方が理解が進むという側面があります。また、紙の資料は取捨選択して必要なものだけを保管しておくことに向いています。

もちろん電子ファイルでも、不要なページを削除して必要なものだけを保管することもできますが、意外に面倒

後は会議資料。これもペーパレス化で真っ先に電子化の対象にされがちですが、複数の資料を参照しながら議論をしたいときは、圧倒的に紙に分があります。

一方、情報共有のため皆に配る資料なんかは電子が向いていると思います。
特に皆に配る資料は、絶対電子ですね。

配られた相手が資料をちゃんと読む保証なんてありません。相手にとっては不要な資料かもしれません。
そんなのを一々印刷してたら、紙と時間の無駄です。

というように、仕事の上でも紙と電子ってケースバイケースだと思います。

ペーパレス化の掛け声では必ず「印刷コストの削減」が謳われますが、大切なのはペーパレス化で「時間が短縮できる作業があること」です。

印刷コストも馬鹿になりませんが、それを避けるために非効率なことをしてしまっては、人件費が無駄になります。

紙の削減にばかり焦点をあてるのではなく、その時々で「紙」と「電子」のどちらで作業した方が、効率性が高いのか?という自問自答が大切ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする